201904/01

“一生モノ”となる新婚旅行はどこ? 編集部が選んだハネムーン先5選

グラナダのアルハンブラ宮殿と市街。パラドールは宮殿の敷地内にある(スペイン)

そもそもどこに行くにせよ、ハネムーン自体が“一生モノの旅”であることにはまちがいありません。行く場所は本来それほど重要ではないのです。しかし今回はあえて「こんな旅もできます」という提案をしてみます。実はここで紹介する5つの旅はすべて、実際に編集部の知り合いが行ったハネムーンの中から評判が良かったものから選びました。こんな新婚旅行先もあると、あなたのハネムーンの参考にしてみてはいかがですか?

スペインの宮殿ホテルに泊まる。異国情緒たっぷりのアンダルシア(スペイン)

マドリッドやバルセロナなどの大都市も楽しいスペインですが、ハネムーナーへのおすすめは、落ち着いた雰囲気が漂う地方都市です。とりわけスペイン南部のアンダルシア地方は、かつてのアラブ文化の名残りもあり、雰囲気抜群。私たちがスペインと聞いてイメージするフラメンコと闘牛も、実はアンダルシアが発祥の地なのです。町に着いてしまえば、その中心部はほぼ徒歩圏なので移動の心配もありません。正味一週間ほどあれば、アンダルシアの代表都市を回ることもできるでしょう。

さて、せっかくのハネムーン。ならば泊まってみたいのが、宮殿や古城、修道院などの歴史的建造物を利用した「パラドール」です。アンダルシア人気の都市グラナダのパラドールは、アルハンブラ宮殿の敷地内にあります。なのでそこへの宿泊は、まさに一生の思い出になるでしょう。ほかにもヌエボ橋の眺望で有名なロンダにあるパラドールは、橋のすぐ脇にあり宿泊料金も手頃でおすすめです。

 

[DATA]

スペイン
Parador de Granada

 

 

エーゲ海のミコノス島の丘上に並ぶ風車(ギリシャ)

青い海と白い壁の町。エーゲ海の島々をフェリーで回る(ギリシャ)

エーゲ海には多くの島々があり、4〜9月のシーズン中はフェリーが頻繁に行き来しています。この半年間は雨も少なく、エーゲ海のすばらしい「青」が堪能できるのでハネムーンに検討してみてはいかがでしょうか。ギリシャの島々の滞在は何も豪華ホテルに泊まる必要はなく、ハネムーンでも青い空と海が見えるテラス付きの客室でのんびりと過すだけで十分なのです。

断崖絶壁の上に町があるサントリーニ島では、白壁の町と青い海のコントラストが堪能できます。とりわけ崖上から見るエーゲ海のサンセットはふたりの一生の思い出になるでしょう。作家の村上春樹氏が滞在し、『ノルウェイの森』を執筆していたのがミコノス島です。家々の壁が白一色で統一されたミコノスタウンの散策は心地よく、湾沿いのレストランで丘上の風車を見ながらのんびりと食事をするのもいいでしょう。そのほかにも、迷宮伝説が残るクレタ島、騎士団領だったロドス島もハネムーナーにおすすめの島です。

 

[DATA]

ギリシャ政府観光局http://www.visitgreece.gr/

 

 

ジャイプルにある宮殿ホテルのランバーグパレス。ライトアップされた庭(インド)

ラジャスタンの宮殿ホテルでマハラジャの栄華を体験する(インド)

「インドはハネムーナーにはハードルが高い」と考えている方は多いでしょう。しかしインドは世界的な大富豪も数多く輩出している国。豪華なホテルやレストランもあり、さまざまなタイプの旅行ができます。そこで編集部からのおすすめは、宮殿ホテルでの滞在です。インドには、独立まで「藩王」とも呼ばれるマハラジャが統治している地域がありました。そのマハラジャの宮殿が現在はホテルになっているのです。

宮殿ホテルが多いのはインド北西部のラジャスタン州です。州都ジャイプルにあるランバーグパレスはマハラジャの邸宅を改装したホテルで、室内の調度品からレストランや庭園といった施設にいたるまで、すべてがゴージャス。ジョードプルのウメイドバワンパレスは現在も建物の一部に藩王の一族が住んでおり、ここも建築や内装は一級品です。ハネムーンにぴったりなのが、湖上に浮かぶ島がそのまま宮殿ホテルになっているウダイプルのレイクパレスでしょう。こうした宮殿ホテルに泊まり、ふたりでマハラジャ、マハラニ気分を味わってみてはいかがでしょうか? きっと忘れられない思い出になりますよ。

 

[DATA]

ランバーグパレス
https://www.tajhotels.com/en-in/taj/rambagh-palace-jaipur/

ウメイドバワンパレス
https://www.tajhotels.com/en-in/taj/umaid-bhawan-palace-jodhpur/

レイクパレス
https://www.tajhotels.com/en-in/taj/taj-lake-palace-udaipur/

 

 

こんな雄大なグランドキャニオンも、ラスベガスから足を延ばして行ける

ラスベガスではショッピングとエンタメ、グランドサークルの大自然でリフレッシュ(アメリカ)

どこに行くかに悩みがちなハネムーン。大自然を見ながら心も体もリフレッシュしたいと思う人もいれば、ショッピングやエンタメを楽しみたい人もいるでしょう。そこで編集部がおすすめするプランは、ラスベガスを基点にして「グランドサークル」と呼ばれるアメリカ西部の国立公園エリアを周遊する旅です。

ラスベガスはカジノだけではありません。泊まってみたくなるテーマホテルの数々。シルク・ド・ソレイユをはじめとするエンタメ。そして高級ブランドが入る大型モールから郊外のアウトレットモールまで、ショッピングも大満足。現在はカップルや家族も楽しめる街なのです。

このラスベガスを基点としてツアーやレンタカーで行けるのが、ダイナミックな大自然の景観を満喫できる「グランドサークル」エリアです。ここには日本では到底見ることができないスケールの峡谷グランドキャニオン、波打つような岩の造形のアンテロープ・キャニオン、そしてパワースポットとしても名高いセドナなどがあります。都会のラスベガスと組み合わせると旅に変化がつき、すてきなハネムーンになるでしょう。

 

[DATA]

ラスベガス政府観光局
https://www.visitlasvegas.com/ja/

グランドサークル(ユタ州観光局)
https://utah.com/itinerary/grand-circle-tour

グランドキャニオン国立公園
https://www.nps.gov/grca/index.htm

 

ベネチアのグランド・カナル(大運河)。ここから多くの小さな運河が枝分かれしている(イタリア)

水の都ベネチアで、ロマンチックな時間を過ごす(イタリア)

車が通れない細い路地を歩いていると突然、広場や運河に架かる橋に出る。目を落とすと、人を乗せたゴンドラが運河を行き交う…。そんなロマンチックな風景が目の前に広がるのがベネチアです。ここは千年にもわたるベネチア共和国の都として繁栄した「水の都」。歴史的な建物から一級の芸術品まで満喫できるこの都市は、ハネムーナーに人気の旅先です。

ベネチアの町歩きは、歴史を感じさせるカフェが並ぶサン・マルコ広場から始まります。広場正面にあるサン・マルコ寺院は、11世紀に建てられたビザンチン建築の傑作。他にも総督が住んでいたドゥカーレ宮殿、リアルト橋、ベネチア派絵画を集めた美術館など見どころは多いですが、やはりベネチアではロマンチックな街の散策が一番印象に残るでしょう。

旅のベストシーズンは春から秋にかけての4〜9月。ただし7〜8月は非常に混み合うのでできれば避けたほうがいいでしょう。連泊するなら、世界遺産のドロミテ渓谷への日帰りツアーもおすすめです。

 

[DATA]

イタリア政府観光局
http://visitaly.jp/

ベネチア観光局
http://www.venice-tourism.com/en

 

 

一生の思い出となるハネムーン。できれば失敗したくないですが、あまり思いが強すぎると旅先で疲れてしまいます。ただでさえ気が張ってしまう海外。欲張りすぎず、ゆるい日程で回るのが成功の秘訣です。また、行き先選びで大事なのは旅の季節。写真をいっぱい撮るからにはベストシーズンを狙いましょうね。

 

 

[DATA]

一生モノ 関連リンク
グラナダhttps://issyoumono.com/products/515.html
セビーリャhttps://issyoumono.com/products/526.html
スペイン観光局 公式サイトhttps://www.spain.info/ja/
パラドール公式サイトhttps://www.parador.es/en
スペインのパラドールのサイトだが、日本のホテル予約サイトからも予約ができる

 

 

前原 利行

日々、自分の興味があるものを追いかけています。音楽、映画、アート、歴史、そしてまだ見ぬ世界の風景や文化…。心に刻まれた一生モノの経験が、自分の最大の財産でしょうか。これからも、まだ知らない出会いを探していきたいと思っています。

前原 利行
この記事を書いた人

この記事を書いた人前原 利行

201811/02

本当のスペインを見る旅!一生ものの旅スペインのホテル [海外旅行 スペイン]

時間が経っても色褪せない旅の記憶 ――――

 特別な瞬間もあれば、何気ない景色もある。
目を瞑ると今でも脳裏に鮮明に浮かぶ、その風景。

 旅でそんな思い出ができたら、それが「一生ものの旅」になる。

 

アンダルシアの崖の上のホテル

アルコス・デ・ラ・フロンテーラの丘の広がる白い家々

アルコス・デ・ラ・フロンテーラの丘の広がる白い家々

もう20年近く前の話ですが、スペイン南部のアンダルシア地方を車で旅をしたことがありました。夏は「スペインのフライパン」と呼ばれるような、とんでもなく暑い土地ですが、訪れたのは10月の終わり頃。いい感じに秋風が吹く、旅には一番いい時期でした。

 

予備知識のない旅

マドリッドでレンタカーを借り、冷や汗をかきながら市街地を抜けると、あとは交通量も少ない快適なドライブ。予定では1週間かけて、トレドからコルドバ、セビーリャを回ってグラナダへ向かい、そこからマドリッドに戻る周遊コース。ホテルなど予約せず、着いた街で探すという気ままな旅でした。

インターネットなどない時代、ホテルを自分の足で探して決めるというスタイルは、決して珍しいわけではなく、ガイドブックや町の観光局でもらったリストを手掛かりに、その日の宿を決めることに、さほど不便さを感じることもありませんでした。

自分の目で見て気に入ったら泊まる、気に入らなかったら他を探す―――
今では当たり前のようにネット上の口コミの評価でホテルを選んでいますが、当時はそれが普通でした。

その日、セビーリャから向かったのは、アルコス・デ・ラ・フロンテーラArcos de la Frontera。丘の上に白壁の家が密集して並ぶ、アンダルシアを代表する風景が見られる町です。町の中心となる広場に、スペインの国営ホテルであるパラドールがあるとの情報を聞いていたので、地図を頼りに狭い路地を抜けて広場に向かいました。

こんな路地を車で抜けていく

こんな路地を車で抜けていく

 

パラドールにチェックイン

そのホテルParador de Arcos de la Fronteraは、広場に面した白壁のシンプルな建物で、町全体が歴史遺産に登録されている町にあって、特に目立つこともなく、一見してホテルであることもわからない地味な建物でした。

建物に入り、小さなフロントに向かいます。
「今夜、部屋はありますか?」
初老に差し掛かった小柄なフロントマンに英語で話しかけました。

彼は目の前の分厚いノートを開き、しばらく無言でページをめくった後
「はい、ございます。何泊ですか?」と表情を変えずに答えました。
「今夜一泊だけです。部屋を見せてもらえますか?」と言うと

引き出しから大きな鍵の束を取り出しながら、「こちらへどうぞ」と奥の廊下に案内してくれました。

ひんやりとした廊下を通って案内された部屋は、白壁とタイルの床に、こげ茶色の家具と調度品が置かれ、素朴ながらヨーロッパらしい落ち着いた雰囲気でした。
値段も思ったほど高くなかったので、泊まることを告げて荷物を運びこみました。

ホテルのある広場には古い城塞がある

ホテルのある広場には古い城塞がある

部屋を決めるとき、その日、天気が良かったのに部屋が少々薄暗かったのが気になったのですが、「まあ一泊だけだからいいか」、と思って妥協しましたが、実際部屋に入って窓の外を見ると、見えるのは隣の建物だけでした。

どうしてもその薄暗さが気になったので、フロントに行って「もっと明るい部屋はありませんか?」と聞いてみました。
フロントマン氏「ありますよ、少々料金は高くなりますが。」
この時、ホテルがどんな場所に建っているのかを知りませんでした。

次に案内された部屋は、内装は前の部屋とほとんど同じですが、閉められたカーテンの隙間から光が溢れ、部屋全体を明るくしていました。

 

窓の外に広がる絶景

窓に近づきカーテンを開けてみました。そして目の前に広がる風景に、文字通り息を呑みました。
そこには地平線まで連なるアンダルシアの大地が広がっていました。
広大な平野の多くは畑で、そこに小さな森と家が点在し、午後の太陽を受けて全体に霞がかかったように輝いていたのです。

実はホテルが建っていたのはこんがところ

実はホテルが建っていたのはこんがところ

実はこのホテルは崖の上に建っていて、南側に面した部屋からは何に遮られることなくアンダルシアの大地が眺められるのです。

インスタグラムもグーグルアースもない時代、行く先々の景色をあらかじめチェックしておくことはできませんでした。だからこそ、こんな驚きに満ちた素晴らしい風景との出合いもあったのかもしれません。

あの時にカーテンを開けた瞬間を、今でも鮮明に思い出すことができます。きっと一生忘れることはないでしょう。

ホテルの窓の外にはこんな風景が広がっていた

ホテルの窓の外にはこんな風景が広がっていた

 

[ DATA ]

パラドール・アルコス・デ・ラ・フロンテーラ
Parador Arcos de la Frontera
住所:Plaza del Cabildo, s/n
   11630 Arcos de la Frontera Cádiz
電話:+34-956700500
URL( www.parador.es/es/paradores/parador-de-arcos-de-la-frontera )
客室数:45

一生モノ 編集部

一生モノを探して、日々奮闘中です。実際に足を運び、取材、体験することで、皆さまが一生モノを見つけるお手伝いをしたいと思います。こんなコンテンツや情報が欲しいなどのご要望やご意見、お待ちしております。お気軽にお問い合わせください!

一生モノ 編集部
この記事を書いた人

この記事を書いた人一生モノ 編集部

FEATUREDおすすめ記事